ホーム > 戦略セミナー > 2019年度第Ⅸ期 セミナー > 第1回 会計年度任用職員制度の設計と運用


電子自治体推進パートナーズ戦略セミナー第Ⅸ期 第1回(通算80回)


自治体人事政策セミナー


新制度施行後の臨時・非常勤職員の働き方を構想する―

会計年度任用職員制度の設計と運用
~人事・財政施策と新制度の活用方策、システム対応、そして人材(財)確保へ~



お申込みはこちら(申込要領、参加費)

開催概要

[日時] 2019年7月4日(木) 10:00~16:30

[講師]鵜養 幸雄 氏/立命館大学政策科学部政策科学科教授

上林 陽治 氏/(公財)地方自治総合研究所研究員

北川 博美 氏/島田市行政経営部長(静岡県)

森宗 厚吏 氏/富士電機㈱パワエレシステムインダストリー事業本部
情報ソリューション事業部行政情報システム部行政情報技術課長

[会場]  内田洋行 東京ユビキタス協創広場 CANVAS

[参加費] こちらをご覧下さい

[お申込] こちらをご覧下さい

[協賛] ㈱アイネス北日本コンピューターサービス㈱㈱BSNアイネット  /㈱両備システムズ
      富士電機㈱
[特別協賛] ㈱内田洋行(会場提供)


講義内容

講義内容
10:00~11:20

1.会計年度任用職員という仕組み
 ―公務員制度の中での意義を考える―

                      立命館大学政策科学部政策科学科教授                                  鵜養 幸雄

  1. 法制度の整理
  2. 国と地方の制度設計の異同
  3. 常勤と非常勤との違い
  4. 円滑な運用に向けて
                                    ≪質疑応答≫
11:30~12:30

2. 非正規職員基幹化と会計年度任用職員制度の活用方策

                        (公財)地方自治総合研究所研究員                                  上林 陽治

  1. 会計年度任用職員制度の検討状況~何がネックなのか~
  2. 非正規職員側からみた会計年度任用職員制度への不安
  3. 基幹化した非正規公務員制度の未来をつくる方策
                                   ≪質疑応答≫
13:45~15:15

3.〔静岡・島田市〕臨時職員等業務の包括業務委託と会計年度任用職員制度

                            島田市行政経営部長
                                   北川 博美

  1. 島田市の概要と臨時職員・非常勤職員の現状
  2. 会計年度任用職員制度施行後に係る今後の方針
  3. 包括業務委託の定義
  4. 議会対応
  5. 課題と効果
                                   ≪質疑応答≫
15:30~16:30

4.会計年度任用職員制度導入に伴う臨時職員管理のシステム対応

                富士電機㈱パワエレシステムインダストリー事業本部
                情報ソリューション事業部行政情報システム部
                行政情報技術課長                                   森宗 厚吏

  1. 会計年度任用職員制度の概要
  2. 制度導入に伴うシステムへの影響
  3. 臨時職員管理におけるシステムへの対応方針
                                   ≪質疑応答≫

(終了後)情報交流・交換会(講師・希望者/会費制)


第1・2回案内パンフレット (PDF:1,335KB)

▲このページのトップへ