ホーム > 戦略セミナー > 2018年度第Ⅷ期 セミナー > 第9回 マイナンバー制度の活用


電子自治体推進パートナーズ戦略セミナー第Ⅷ期 第9回(通算79回)


マイナンバー活用セミナー


2019年度は普及への転換点!  マイナンバー制度の活用
~消費増税経済対策や健康保険証との連携はどのように行われるのか
    ―マイキープラットフォームの基礎と自治体システムとの連携、セキュリティ対策~

◆総務省担当者が語るマイキープラットフォーム・自治体ポイントの基礎と今後のカード活用方法
◆マイナンバーカード普及の鍵は多目的利用―実践自治体や有識者の報告とパネル討論での意見・情報交換


お申込みはこちら(申込要領、参加費)

開催概要

[日時] 2019年3月26日(火) 10:00~17:00

[講師]阿部 龍 氏/ 総務省自治行政局地域力創造グループ地域情報政策室理事官

増渕 あすか 氏/ 相模原市企画財政局企画部企画政策課主任

山口 尚利 氏/ 津市健康福祉部高齢福祉課長

大高 利夫 氏/ 藤沢市総務部担当部長兼IT推進課長

榎並 利博 氏/ ㈱富士通総研経済研究所主席研究員、電子自治体推進パートナーズ副会長

髙橋 邦夫 氏/ KUコンサルティング、元東京・豊島区CISO、電子自治体推進パートナーズ顧問

[会場]  内田洋行 東京ユビキタス協創広場 CANVAS

[参加費] こちらをご覧下さい

[お申込] こちらをご覧下さい

[協賛] ㈱アイネス北日本コンピューターサービス㈱㈱BSNアイネット  /㈱両備システムズ
      富士電機㈱
[特別協賛] ㈱内田洋行(会場提供)


講義内容

講義内容
10:00~11:10

1.マイナンバーカードを活用した自治体ポイントの取組み


        総務省自治行政局地域力創造グループ地域情報政策室理事官 阿部 龍

  1. マイキープラットフォーム構想の推進について~現時点での取組み内容~
  2. マイナンバーカードを活用した消費活性化策~消費税率引上げに伴う対応~
                                    ≪質疑応答≫
                        ※総務省はパネル討論に参加しません。

2.〔報告〕マイナンバーカードの利活用事例と情報セキュリティ

11:20~12:15

(1) 〔神奈川・相模原市〕自治体ポイントの導入とマイナンバーカード活用
         ~さがみはらポイントの付与・利用による地域活性化~

               相模原市企画財政局企画部企画政策課主任 増渕 あすか

  1. さがみはらポイントの概要
  2. さがみはらポイントの付与
      ~地域活動ポイントと健幸ポイント~
  3. さがみはらポイントの利用
      ~商店街とアンテナショップ~
  4. 今後の展望と課題
13:15~14:10

(2) 〔三重・津市〕マイナンバーカードを活用した高齢者の外出支援
       ~"シルバーエミカ"による健康・生きがいづくり~

                     津市健康福祉部高齢福祉課長 山口 尚利

  1. シルバーエミカ創設の背景
  2. 幾多の困難を乗り越えて誕生したシルバーエミカ
  3. シルバーエミカの仕組み
  4. システムの導入に関して
  5. 導入による効果
  6. 自治体ポイントの一層の効果的活用
14:10~15:10

(3) 〔神奈川・藤沢市〕マイナンバーと情報セキュリティ

                  藤沢市総務部担当部長兼IT推進課長 大高 利夫

  1. マイナンバーの利活用とは
      ①戸籍制度 ②健康保険制度 ③選挙制度
  2. マイナンバー制度の改正?
  3. マイナンバーの運用管理
  4. 安全管理措置
  5. 自治体における情報セキュリティの取組み

3.〔パネル討論〕マイナンバーカードの普及に向けた制度の活用と今後の展開

15:25~17:00   

    司  会:榎並 利博 氏/㈱富士通総研経済研究所主席研究員
                    電子自治体推進パートナーズ副会長
    パネラー:増渕 あすか 氏(相模原市)/山口 尚利 氏(津市)/大高 利夫 氏(藤沢市)
 コメンテーター:髙橋 邦夫 氏(KUコンサルティング、電子自治体推進パートナーズ顧問)

(終了後)情報交流・交換会(講師・希望者/会費制)


第9回案内パンフレット (PDF:1,987KB)

▲このページのトップへ