ホーム > 戦略セミナー > 2018年度第Ⅷ期 セミナー > 第2回 個人情報保護条例の見直し―条例改正・パーソナルデータ活用施策


電子自治体推進パートナーズ戦略セミナー第Ⅷ期 第2回(通算72回)


自治体個人情報政策セミナー

個人情報保護条例の見直し―条例改正・パーソナルデータ活用施策
~ビッグデータ社会への備えと便益確保に向けた自治体情報施策の構築~
~総務省検討会報告と〔東京都〕非識別加工情報、新たな保護策の検討
      /〔千葉市〕条例改正・パーソナルデータ提供への取組み~


お申込みはこちら(申込要領、参加費)

開催概要

[日時] 2018年5月31日(木) 10:00~17:00

[講師]宇賀 克也 氏/東京大学大学院法学政治学研究科教授
 総務省「地方公共団体が保有するパーソナルデータの
 効果的な活用のための仕組みの在り方に関する検討会」座長

若林 拓  氏/総務省地域力創造グループ地域情報政策室課長補佐

平松 優太 氏/東京都生活文化局広報広聴部情報公開課個人情報担当主任

小柳 寛  氏/千葉市総務局総務部政策法務課市政情報室長

[会場]  内田洋行 東京ユビキタス協創広場 CANVAS

[参加費] こちらをご覧下さい

[お申込] こちらをご覧下さい

[協賛] ㈱アイネス北日本コンピューターサービス㈱㈱BSNアイネット  /㈱両備システムズ
      富士電機㈱
[特別協賛] ㈱内田洋行(会場提供)


講義内容

講義内容
10:00~11:45

個人情報保護法、行政機関個人情報保護法等の改正と地方公共団体の対応

       東京大学大学院法学政治学研究科教授
       総務省「地方公共団体が保有するパーソナルデータの
       効果的な活用のための仕組みの在り方に関する検討会」座長  宇賀 克也

  1. はじめに
  2. 個人情報の定義の明確化
  3. 要配慮個人情報
  4. 非識別加工情報
    ①オープンデータ政策における位置づけ ②官民データ活用推進基本法との関係
    ③加工基準の作成 ④個人情報ファイル簿
  5. 今後の課題
                                     ≪質疑応答≫
12:45~14:00

総務省「地方公共団体が保有するパーソナルデータの効果的な活用のための
     仕組みの在り方に関する検討会」報告書について

            総務省地域力創造グループ地域情報政策室課長補佐  若林 拓

    検討会設置のねらいや報告書の概要、パーソナルデータの効果的な
    活用の仕組みと今後などについてご報告いただきます(事務局)。
                                     ≪質疑応答≫
14:10~15:30

〔東京都〕改正個人情報保護法等の動向を踏まえた東京都の検討状況

        東京都生活文化局広報広聴部情報公開課個人情報担当主任  平松 優太

  1. 法改正に関する定義の精査
  2. 非識別加工情報の仕組みに係る論点
  3. 新たな保護策に関する検討
                                     ≪質疑応答≫
15:40~17:00

〔千葉市〕個人情報保護条例改正の課題とパーソナルデータ提供事例

               千葉市総務局総務部政策法務課市政情報室長  小柳 寛

  1. 個人情報保護条例改正の課題
    ①個人情報ファイル簿の整備の要否 ②オンライン結合制限規定の改正の要否 ほか
  2. これまでのパーソナルデータの提供事例
                                     ≪質疑応答≫

第1・2回案内パンフレット (PDF:1,437KB)

▲このページのトップへ