ホーム > 戦略セミナー > 2017年度第Ⅶ期 セミナー > 第5回 AI導入による自治体業務・市民サービスの改革


―人工知能(AI)活用戦略Ⅱ

第Ⅶ期 第5回(通算66回)
AI導入による自治体業務・市民サービスの改革

 ~増える実証実験―道路管理・住民税業務・AzureAIの事例に学ぶ~

◆ AI導入の進め方と可能性・展望
◇ 日本マイクロソフト社のAIの活用提案・事例
◆〔千葉市〕 MyCityReportの道路管理
◇〔豊島区〕 住民税業務へのAI技術適用


お申込みはこちら(申込要領、参加費)

開催概要

[日時] 2017年7月26日(水) 10:00~17:00

[講師] 狩野 英司  氏/(一社)行政情報システム研究所 調査普及部長 主席研究員

松島 隆一  氏/千葉市 市民局市民自治推進部広報広聴課 課長

森川 雅晴  氏/日本マイクロソフト㈱ パブリックセクター統括本部 クラウドソリューション技術営業統括本部

濵口 孔真  氏/㈱エーティーエル システムズ データソリューション事業部 システム開発部長

髙橋 邦夫  氏/豊島区 区民部税務課長(総務省個人住民税検討会委員)

[会場]  内田洋行 東京ユビキタス協創広場 CANVAS

[参加費] こちらをご覧下さい

[お申込] こちらをご覧下さい

[協賛] ㈱アイネス北日本コンピューターサービス㈱㈱BSNアイネット  /㈱両備システムズ
      富士電機㈱㈱両毛システムズ
[特別協賛] ㈱内田洋行(会場提供)


講義内容

講義内容
10:00~11:40

AIの行政への導入―業務改革、サービス向上への期待と今後

    (一社)行政情報システム研究所 調査普及部長 主席研究員  狩野 英司 氏

  1. AIが行政に与えるインパクト
  2. 自治体で拡がる実証実験
  3. 行政の特性と制約条件
  4. AI導入の進め方
  5. 今後の可能性と展望
 ≪質疑応答≫
12:40~14:00

〔千葉市〕 次世代ちばレポ MyCityReportの実証実験(道路管理)
        ~概要、成果、課題、今後の展開~

    千葉市 市民局市民自治推進部広報広聴課 課長  松島 隆一 氏

  1. はじめに―ちばレポのご紹介、実証実験実施の背景
  2. MyCityReportの実証実験の概要
  3. 実証実験の成果
  4. 今後の展開
 ≪質疑応答≫    ※以上の内容でお話いただく予定です。
14:10~15:30

マイクロソフトが目指す AI の民主化と公共機関様での活用について

    日本マイクロソフト㈱ パブリックセクター統括本部
          クラウドソリューション技術営業統括本部  森川 雅晴 氏

    ㈱エーティーエル システムズ データソリューション事業部
                        システム開発部長  濵口 孔真 氏

  1. マイクロソフトの AI コンセプト
  2. Microsoft Azure AI 機能概要 - Cognitive Services
  3. イメージ・ご提案事例のご紹介
  4. Microsoft Azure AI 事例のご紹介
 ≪質疑応答≫
15:40~17:00

〔豊島区〕 住民税業務へのAI技術適用の展望

    豊島区 区民部税務課長(総務省個人住民税検討会委員)  髙橋 邦夫 氏

  1. マイナンバーによって税務業務はどう変わったか
  2. 税務パッケージを導入しても残業が減らない原因
  3. RPA導入による税務事務効率化の狙い
  4. AI技術は税務事務をどのように変えるのか
 ≪質疑応答≫

第4・5回案内パンフレット (PDF:463KB)

▲このページのトップへ