ホーム > 戦略セミナー > 2017年度第Ⅶ期 セミナー > 第1回 マイナンバー運用とカード普及―その課題と処方箋


マイナンバー普及対策セミナー(第Ⅶ期開講記念セミナー)

新しい情報インフラを活用した地域づくりの近未来―

第Ⅶ期 第1回(通算62回)
マイナンバー運用とカード普及―その課題と処方箋

~マイナンバー運用に向けた準備実務とカード普及活動、住民サービス向上施策~

◆ 国のマイナンバーカード普及対策/マイナンバーカードの利活用と民間・住民サービス活用事例
◆ 自治体実践報告―茨城・五霞町、福島・会津若松市、千葉・船橋市、東京・町田市の挑戦


お申込みはこちら(申込要領、参加費)

開催概要

[日時] 2017年5月22日(月) 10:00~17:00

[講師] 渡邉 繁樹  氏/総務省 自治行政局住民制度課 外国人住民基本台帳室長

矢島 征幸  氏/五霞町 政策財務課主幹

伊藤 文徳  氏/会津若松市 市民部市民課住基グループ

千葉 大右  氏/船橋市 市民生活部戸籍住民課プロジェクト班

中田 直樹  氏/町田市総務部情報システム担当部長

[会場]  内田洋行 東京ユビキタス協創広場 CANVAS

[参加費] こちらをご覧下さい

[お申込] こちらをご覧下さい

[協賛] ㈱アイネス北日本コンピューターサービス㈱㈱BSNアイネット  /㈱両備システムズ
      富士電機㈱㈱両毛システムズ
[特別協賛] ㈱内田洋行(会場提供)


講義内容

講義内容
10:00~10:05

〔挨拶〕電子自治体推進パートナーズ・第Ⅶ期活動の開講にあたって

    電子自治体推進パートナーズ会長   諸橋 昭夫 氏

10:05~11:20

マイナンバーカードの普及と利活用

    総務省 自治行政局住民制度課 室長  渡邉 繁樹 氏

  1. マイナンバーカードの普及状況
  2. ワンストップカードプロジェクト
  3. マイナンバーカードの利活用方策
  4. 民間における活用事例
 ≪質疑応答≫
11:30~12:30

〔茨城・五霞町〕住民目線のマイナンバー普及活動~草の根ローラー作戦~

    五霞町 政策財務課主幹  矢島 征幸 氏

  1. はじめに
  2. 見てもらうアイデア
  3. 分かってもらうアイデア
  4. 申請をしてもらうアイデア
  5. 使ってもらうアイデア
  6. 広報戦略の成果
 ≪質疑応答≫
13:20~14:20

〔福島・会津若松市〕マイナンバーカードのメリットをつくって行こう!!

    会津若松市 市民部市民課住基グループ  伊藤 文徳 氏

  1. はじめに
  2. 印鑑登録証!!
  3. コンビニ交付サービスが窓口で!!
  4. 市民課以外の取組み紹介
 ≪質疑応答≫
14:30~15:30

〔千葉・船橋市〕マイナンバーカードを活用した住民サービスの向上と業務改革

    船橋市 市民生活部戸籍住民課プロジェクト班  千葉 大右 氏

  1. 業務改革モデルプロジェクトへの挑戦
  2. 総合窓口化の検討
  3. アウトソーシングの検討
  4. 出先窓口のワンタイム化
 ≪質疑応答≫
15:40~16:40

〔東京・町田市〕マイナンバー運用の準備~インフラ基盤整備とマイナンバーカード~

    町田市総務部情報システム担当部長  中田 直樹 氏

  1. はじめに―町田市って
  2. マイナンバー制度対応
  3. マイナンバーカード利用に向けての課題
 ≪質疑応答≫
10:40~終了

第Ⅶ期の活動及び協賛企業のご紹介

    電子自治体推進パートナーズ副会長   榎並 利博 氏


第1・2回案内パンフレット (PDF:399KB)

▲このページのトップへ