ホーム > 戦略セミナー > 2016年度第Ⅵ期 セミナー > 第7回 マイナンバー制度―運用への準備とマイナポータル活用に向けて


マイナンバー普及対策セミナー

―間近に迫った新制度の未確定要素の解消とカード普及促進を図るため

第Ⅵ期 第7回(通算60回)
マイナンバー制度 ―運用への準備とマイナポータル活用に向けて

~情報連携テストから見えてきたこと、カード利用拡大に向けた対応策~

◆ 情報連携テストの実施・評価と本稼働対応―町田市、藤沢市、
                               愛媛県後期高齢者医療広域連合の報告
◆ マイナンバーカードとマイナポータル―利活用・普及促進方策とカードを活用したまちづくり


お申込みはこちら(申込要領、参加費)

開催概要

[日時] 2017年3月23日(木) 10:00~16:50

[講師] 小林 寛史  氏/(一社)ICTまちづくり共通プラットフォーム推進機構
  (TOPIC)事務局長〔前橋市〕

中田 直樹  氏/町田市総務部情報システム課長

高倉 万記子 氏/愛媛県後期高齢者医療広域連合 事業課

大高 利夫  氏/藤沢市 総務部参事兼IT推進課長

榎並 利博  氏/㈱富士通総研 経済研究所主席研究員
  電子自治体推進パートナーズ副会長

諸橋 昭夫  氏/行政情報研究所所長
  電子自治体推進パートナーズ会長

[会場]  内田洋行 東京ユビキタス協創広場 CANVAS

[参加費] こちらをご覧下さい

[お申込] こちらをご覧下さい

[協賛] ㈱アイネス北日本コンピューターサービス㈱㈱BSNアイネット  /㈱両備システムズ
      富士電機㈱㈱両毛システムズ
[特別協賛] ㈱内田洋行(会場提供)


講義内容

講義内容
10:00~11:00

マイナンバーカードの利活用

    ㈱富士通総研 経済研究所主席研究員  榎並 利博 氏

  1. マイナンバーカードの基礎
  2. マイナンバーカードの利活用
      (1)自治体の利活用:コンビニ交付、その他
      (2)民間の利活用:公的個人認証、その他
      (3)マイナポータルの活用
  3. マイナンバーカードのさらなる利活用
      (1)電子調達・電子私書箱における属性認証
      (2)マイキーIDとマイキープラットフォーム
      (3)スマートフォンの活用
  4. 今後の展望
 ≪質疑応答≫
11:10~12:10

TOPICが推進するマイナンバーカードを活用したサービスの推進

    (一社)ICTまちづくり共通プラットフォーム推進機構・事務局長
                                  小林 寛史 氏

  1. 母子健康情報サービスの実現と全国展開
  2. 医療機関間との連携による画像連携の実証実験と今後の展開
  3. マイナンバーカードを活用した救急時利用
  4. TOPICが考えるマイナンバーカードを活用したまちづくり
  5. 今後のサービス展開
 ≪質疑応答≫

◆ TOPICのご紹介 ◆
一般社団法人ICTまちづくり共通プラットフォーム推進機構(略称:TOPIC、群馬県前橋市)は、
地域における保健、医療又は福祉のあり方をはじめ、コミュニティ再生や生涯学習、元気な高齢者
づくり、災害時・有事における対応など地域の様々な課題に対してのマイナンバーカードを用いた
まちづくりの推進と、これら地域のあり方についての研究、提言、事業推進を目的とし活動している。
その手段として、マイナンバーカードの多目的利用を目指し、まずは電子母子健康情報サービスを、
前橋市はじめ多くの自治体に提案活動を行っている。
また、対象サービス(システム)も順次拡大。マイナンバーカードの取得拡大に貢献している。

 詳細は こちらをご覧下さい。


13:00~13:50

マイナンバー、民間企業との情報連携と民間企業での利活用

    電子自治体推進パートナーズ会長  諸橋 昭夫 氏

  1. マイナンバーカード
      (1)公的個人認証の民間開放
      (2)マイキープラットフォーム
  2. マイナポータル
      (1)6つのサービス
      (2)ワンストップサービス
  3. 所得税の自己申告への転換は?
      (1)源泉徴収と特別徴収事務の一元化
      (2)記入済み申告制度
  4. 給付付き税額控除と軽減税率
      (1)給付付き税額控除と個人番号
      (2)軽減税率と法人番号
  5. 法人番号
      (1)法人番号・法人インフォメーション
      (2)法人インフォメーションの民間活用
 ≪質疑応答≫
14:00~14:50

〔町田市〕情報連携テストから見えてきたこと~情報連携テストを終えて~

    東京・町田市総務部情報システム課長  中田 直樹 氏

  1. はじめに(町田市紹介)
  2. 運用に向けての準備
  3. 連携テスト概要(計画・実施・評価)
  4. 今後に向けて
 ≪質疑応答≫
15:00~15:50

後期高齢者医療広域連合のマイナンバー対応~連動テストと総合運用テストの間で~

    愛媛県後期高齢者医療広域連合 事業課  高倉 万記子 氏

  1. 連動テストを終えて
  2. 総合運用テストを控えて
  3. その他バージョンアップで変わること
  4. 今後予定されていること
 ≪質疑応答≫
16:00~16:50

〔藤沢市〕 情報連携テストの実施により見えてきたこと

    神奈川・藤沢市 総務部参事兼IT推進課長  大高 利夫 氏

  1. はじめに
  2. 情報連携テストの実施計画とポイント
  3. 情報連携テストの評価
  4. 残された課題と今後の展開
 ≪質疑応答≫  ※以上の内容でお話をいただく予定です。

▲このページのトップへ