ホーム > 戦略セミナー > 2016年度第Ⅵ期 セミナー > 第6回 マイナンバー情報連携テストから運用開始への対応


マイナンバー普及対策セミナー

動き出し始めたマイナンバー ―

第Ⅵ期 第6回(通算59回)
マイナンバー情報連携テストから運用開始への対応

~マイナンバー時代、自治体経営・サービスはどう変わる(進展する)かを考える~

◆ 茨城・五霞町、千葉・浦安市の運用テスト―情報連携に向けた課題と運用開始への期待
◆ 愛媛県後期高齢者広域連合の情報連携への取組み、カード利活用と市民利便性向上をめぐって


お申込みはこちら(申込要領、参加費)

開催概要

[日時] 2017年1月18日(水) 10:00~17:00

[講師] 矢島 征幸  氏/五霞町 政策財務課主幹

小泉 和久  氏/浦安市 市民税課税制係長

高倉 万記子 氏/愛媛県後期高齢者医療広域連合 事業課

諸橋 昭夫  氏/行政情報研究所所長
  電子自治体推進パートナーズ会長

[会場]  内田洋行 東京ユビキタス協創広場 CANVAS

[参加費] こちらをご覧下さい

[お申込] こちらをご覧下さい

[協賛] ㈱アイネス北日本コンピューターサービス㈱㈱BSNアイネット  /㈱両備システムズ
      富士電機㈱㈱両毛システムズ
[特別協賛] ㈱内田洋行(会場提供)


講義内容

講義内容
10:00~11:00

【シンポジウム開催主旨】マイナンバーの情報連携と利活用の現状

    電子自治体推進パートナーズ会長  諸橋 昭夫 氏

  1. マイナンバー、情報連携は?
      (1)他団体との連携での課題は?
      (2)総合テストの進捗は・・・
      (3)マイナポータルサービスは想定通り実現?
      (4)民間企業との連携は?
  2. 個人番号カードの利活用
      (1)公的個人認証サービス
      (2)マイキープラットフォーム
      (3)民間企業の参加意識
  3. 市民の利便性はどこに見いだせる?   (1)スマートフォンへの展開は
      (2)今後への期待
 ≪質疑応答≫
11:10~12:10

〔茨城・五霞町〕情報連携の進捗―クール0からのテストを開始して

    五霞町 政策財務課主幹  矢島 征幸 氏

  1. 五霞町情報連携テストの概略
  2. 準備から現在の進捗状況
  3. 課題と今後の見通し
 ≪質疑応答≫
13:00~14:00

〔千葉・浦安市〕情報連携の進捗―近隣市との総合運用テストの状況

    浦安市 市民税課税制係長  小泉 和久 氏

  1. 総合運用テストの概略
  2. 総合運用テストの進捗
  3. 総合運用テストをしていく中で感じたこと
  4. 情報連携の運用開始で期待すること
 ≪質疑応答≫
14:10~15:10

〔愛媛県後期高齢者医療広域連合〕後期高齢者医療制度の情報連携の進捗状況

    愛媛県後期高齢者医療広域連合 事業課  高倉 万記子 氏

  1. 後期高齢者医療制度と広域連合
  2. 後期高齢者医療制度の事務
  3. 後期高齢者医療制度の情報連携内容
  4. 愛媛県後期高齢者医療広域連合の準備のこれまでとこれから
 ≪質疑応答≫
15:25~17:00

[パネル討論(質疑応答&意見交換)]
  情報連携とマイナンバーカード利用で自治体はどう変わる!?

  司  会: 諸橋昭夫氏(行政情報研究所所長、電子自治体推進パートナーズ会長)

  パネラー: 矢島征幸氏(茨城・五霞町)、
         小泉和久氏(千葉・浦安市)、
         高倉万記子氏(愛媛県後期高齢者医療広域連合)


▲このページのトップへ