ホーム > 戦略セミナー > 2016年度第Ⅵ期 セミナー > 第3回 新地方公会計と固定資産台帳―整備と推進の方策


新地方公会計対策セミナー

―地方財政の全面的「見える化」の処方箋

第Ⅵ期 第3回(通算56回)
新地方公会計と固定資産台帳―整備と推進の方策

~公共施設老朽化対応計画・固定資産台帳整備と財務会計システムによる自治体経営の新戦略~

◆ 統一的基準の公会計の整備・活用とその有用性
◇ 町田市:課別・事業別行政評価シートの役割と具体例
◆ 高浜市:公共施設マネジメント基本条例と管理計画
◇ 習志野市:財務会計システムと公共施設マイナンバー


お申込みはこちら(申込要領、参加費)

開催概要

[日時] 2016年10月25日(火) 10:00~17:00

[講師] 小西 砂千夫 氏/関西学院大学 人間福祉学部大学院経済学研究科 教授

三宅 紳平  氏/町田市 財務部財政課

山本 時雄  氏/高浜市 総務部行政グループ リーダー

宮澤 正泰  氏/習志野市 会計管理者・地方監査会計技能士

諸橋 昭夫  氏/電子自治体推進パートナーズ会長

[会場]  内田洋行 東京ユビキタス協創広場 CANVAS

[参加費] こちらをご覧下さい

[お申込] こちらをご覧下さい

[協賛] ㈱アイネス北日本コンピューターサービス㈱㈱BSNアイネット  /㈱両備システムズ
      富士電機㈱㈱両毛システムズ
[特別協賛] ㈱内田洋行(会場提供)


講義内容

講義内容
10:00~11:30

公会計改革の20年を振り返る

    関西学院大学 人間福祉学部 大学院経済学研究科教授 小西 砂千夫 氏

  1. 公会計推進の文脈
  2. 3方式並列から統一的基準へ
  3. 発生主義会計の「活用」についてぐ
  4. 仕訳と台帳整備
  5. 財政指標のあり方
 ≪質疑応答≫
11:40~12:40

[東京・町田市] 新公会計制度
          ~課別・事業別行政評価シートによる事業マネジメント~

    町田市 財務部財政課 三宅 紳平 氏

  1. はじめに
  2. 町田市の新公会計制度導入の経緯と目的
  3. 町田市の新公会計制度の特長
  4. 町田市課別・事業別行政評価シート
  5. 課別・事業別行政評価シートの新たな役割
  6. 行政評価シートの具体例と活用事例紹介
 ≪質疑応答≫
13:40~14:40

[愛知・高浜市] 公共施設マネジメント基本条例制定と公共施設総合管理計画

    高浜市 総務部行政グループ グループリーダー 山本 時雄 氏

  1. はじめに(高浜市の紹介)
  2. 公共施設のあり方の取組み
  3. 高浜市公共施設マネジメント基本条例
  4. 公共施設総合管理計画
  5. 長期財政計画
  6. 今後の公共施設管理
 ≪質疑応答≫
14:50~15:50

[千葉・習志野市] 公共施設等総合管理計画と固定資産台帳整備
  ~財務会計システムを利用した「施設マイナンバー」の活用~

    習志野市 会計管理者・地方監査会計技能士 宮澤 正泰 氏

  1. はじめに
  2. 公共施設等総合管理計画と固定資産台帳の整備について
  3. 習志野版施設マイナンバーの導入について
  4. 習志野版施設マイナンバーの運用について
  5. 財務会計システム導入後の現状と今後の展望について
 ≪質疑応答≫
16:00~17:00

固定資産台帳整備、財務諸表作成による公会計の推進

    電子自治体推進パートナーズ会長 諸橋 昭夫 氏

  1. 行財政改革と公会計
      (1)地方行革指針
      (2)公会計改革と資産・債務改革
      (3)固定資産台帳
      (4)東京都・会計基準
  2. 新たな公会計
      (1)検討経過
      (2)公会計と固定資産台帳
      (3)地方公会計、標準ソフトウェア
  3. 固定資産台帳整理と財務諸表作成
      (1)固定資産台帳機能
      (2)財務書類作成機能
      (3)活用・分析機能
  4. 公共ファシリティマネージメント(公共FM)と公共施設台帳
      (1)施設管理-公会計関連図
      (2)その他
 ≪質疑応答≫

▲このページのトップへ