ホーム > 戦略セミナー > 2015年度第Ⅴ期 セミナー > 第7回 マイナンバー制度運用の情報セキュリティ対策


マイナンバー制度実施/直前対策セミナー
 市民の安心を担保する―日本年金機構事故後のトレンド

第Ⅴ期 第7回(通算50回)
マイナンバー制度運用の情報セキュリティ対策
  ~自治体セキュリティ対策―特定個人情報保護評価・リスク評価、
                       標的型メール対応、安全管理措置など~

◆特定個人情報保護評価マニュアルの利用方法とリスク評価
◆藤沢市の情報セキュリティ強化への取組み/安全管理措置、利用範囲拡大とセキュリティ課題


                    
お申込みはこちら(申込要領、参加費)

開催概要

[日時] 2015年10月20日(火) 10:00~17:00

[講師] 瀬戸 洋一 氏 /首都大学東京 産業技術大学院大学教授

大高 利夫 氏/藤沢市 総務部参事兼IT推進課長

坂下 哲也 氏/(一財)日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)常務理事

榎並 利博 氏/㈱富士通総研経済研究所主席研究員
  電子自治体推進パートナーズ副会長

[会場]  内田洋行 東京ユビキタス協創広場 CANVAS

[参加費] こちらをご覧下さい

[お申込] こちらをご覧下さい

[協賛] ㈱アイネス北日本コンピューターサービス㈱㈱BSNアイネット  /㈱両備システムズ
      富士電機㈱㈱両毛システムズ
[特別協賛] ㈱内田洋行(会場提供)


講義内容

講義内容
10:00~11:45

特定個人情報保護評価の実施 ―評価実施マニュアルの利用方法―

  首都大学東京 産業技術大学院大学教授 瀬戸 洋一 氏

  1. マイナンバー制度の概要
  2. 特定個人情報保護評価実施の作業手順
  3. 全項目評価の実施事例の分析と課題
  4. 評価補足シートを用いたリスク評価の方法
12:40~14:10

藤沢市のマイナンバー制度施行に向けた情報セキュリティ強化の取組み

  藤沢市 総務部参事兼IT推進課長 大高 利夫 氏

  1. マイナンバー制度施行に向けた情報セキュリティの勘所
  2. 自治体のマイナンバー制度における個人情報保護対策
  3. 標的型メールによる職員の抜き打ち訓練
  4. その他セキュリティ強化の実例ご紹介
14:20~15:50

セキュリティ対策の傾向と課題―年金機構以後のトレンド

  (一財)日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)常務理事 坂下 哲也 氏

  1. マイナンバー対応の事例と課題
  2. 安全管理措置の全体設計
  3. マイナンバー利用範囲の課題と安全管理措置の対応予測
  4. 2030年の行政サービスに向けて
16:00~17:00

マイナンバー制度の情報セキュリティ~日本年金機構事故から何を学ぶか

  ㈱富士通総研経済研究所主席研究員 榎並 利博 氏

  1. マイナンバーにおける情報セキュリティ
  2. マイナンバーの安全管理措置
  3. 情報漏えい等事案が発生した場合の対応と報告
  4. 日本年金機構の情報漏えい問題から学ぶこと
  5. その他

▲このページのトップへ