ホーム > 戦略セミナー > 2014年度第Ⅳ期 セミナー > 第3回 自治体の条例改正・整備とPIA(特定個人情報保護評価)、セキュリティ対策


マイナンバー導入対策セミナー①―行政実務対応

第Ⅳ期 第3回(通算38回)
自治体の条例改正・整備とPIA(特定個人情報保護評価)、セキュリティ対策

◇条例改正・整備とPIA(特定個人情報保護評価)、セキュリティ対策*検討体制と方策・事例
◇東京・三鷹市/豊島区、神奈川・藤沢市の取組みとPIA手法・事例


                    
お申込みはこちら(申込要領、参加費)申込終了

第Ⅳ期戦略セミナー第3回(通算38回)は終了しました。
たくさんのご来場ありがとうございました。

開催概要

[日時] 2014年9月18日(木) 10:00~17:15

[講師] 宇賀 克也 氏/東京大学大学院法学政治学研究科教授

坂下 哲也 氏/(一財)日本情報経済社会推進協会電子情報利活用研究部部長

木村 祐介 氏/三鷹市企画部情報推進課主任

高橋 邦夫 氏/豊島区政策経営部情報管理課長

大高 利夫 氏/藤沢市総務部参事兼IT推進課長

西村 剛仁 氏/東日本電信電話(株)ビジネス&オフィス事業推進部

諸橋 昭夫 氏/行政情報研究所所長、電子自治体推進パートナーズ会長

[会場]  内田洋行 東京ユビキタス協創広場 CANVAS

[参加費] こちらをご覧下さい

[お申込] こちらをご覧下さい

[協賛] ㈱アイネス北日本コンピューターサービス㈱㈱BSNアイネット ㈱両備システムズ富士電機㈱
[特別協賛] ㈱内田洋行(会場提供)


講義内容

講義内容
13:30~14:45

マイナンバー法を受けた地方公共団体の対応

  東京大学大学院法学政治学研究科教授 宇賀 克也氏

  1. 特定個人情報保護評価への取組み
  2. 特定個人情報保護のための条例整備の基本的問題
  3. 個人情報保護条例改正方式
  4. マイナンバー条例制定方式
10:00~11:00

特定個人情報保護評価(PIA)の手法と事例 ~住基システム関連の全項目評価~

  (一財)日本情報経済社会推進協会電子情報利活用研究部部長 坂下 哲也 氏

  1. 地方公共団体の特定個人情報保護評価の実施状況
  2. JIPDECで手掛けているPIA作業の概要について(課題と地方公共団体の対応策)
  3. 独自の条例を立てて利活用を考えている自治体と民間の事例
  4. 今後の課題
11:10~11:50




11:50~12:30




14:55~15:35




自治体の条例改正・PIA・セキュリティ対策の実務

  1. 三鷹市の条例改正・PIAへの取組み
  2.   三鷹市企画部情報推進課主任 木村 祐介 氏

    ①庁内体制の整備 ②対応方針 ③スケジュール ④近隣7市の意見交換会

  3. 豊島区の情報基盤とマイナンバーへの取り組み
  4.   豊島区政策経営部情報管理課長 高橋 邦夫 氏

    ①豊島区の認証基盤  ②マイナンバーとデスクトップ仮想化  ③番号検討体制と進捗状況
    ④PIAの取り組み状況  ⑤新庁舎移転とプッシュ型サービスへの転換

  5. 藤沢市のPIAと情報セキュリティ対策への取組み
  6.   藤沢市総務部参事兼IT推進課長 大高 利夫 氏

    ①特定個人情報保護評価の意義  ②個人情報保護と情報セキュリティ
    ③特定個人情報保護評価に対する取組み(課題、疑問)~どの自治体も悩んでいる上明点~
    ④本当の課題は、事務の流れの見直し  ⑤マイポータル・マイナンバーカード

15:45~17:15

[質疑応答&意見交換] マイナンバーのシステム構築・運用にどう対応するか

司  会 :諸橋昭夫氏(行政情報研究所所長、電子自治体推進パートナーズ会長)

パネラー:坂下哲也氏、木村祐介氏(三鷹市)、高橋邦夫氏(豊島区)、大高利夫氏(藤沢市)

コメント :電子自治体コンサルタント&システム事業者の立場からみたマイナンバー
      西村 剛仁 氏/東日本電信電話(株)ビジネス&オフィス事業推進部
                ソリューションエンジニアリング部自治体AP担当


▲このページのトップへ