ホーム > 戦略セミナー > 2013年度第Ⅲ期 戦略セミナー > 第11回 「番号制度の導入準備とクラウド化の連携《

2013年度第Ⅲ期 戦略セミナー

番号制度導入対策⑨ ―

第11回(通算35回) 番号制度の導入準備とクラウド化の連携

                    

■自治体の導入準備項目と対応策,ベンダーの取組み状況等

お申込みはこちら(申込要領、参加費)

開催概要

[日時] 2014年3月27日(木) 10:00~17:00

[講師] 三木 浩平 氏/千葉市総務局次長・情報統括副管理者(CIO補佐監)

伊駒 政弘 氏/財団法人 地方自治情報センター 研究開発部長

西村 剛仁 氏/東日本電信電話㈱ビジネス&オフィス事業推進本部 
ソリューションエンジニアリング部公共部門自治体AP担当

諸橋 昭夫 氏/行政情報研究所所長

榎並 利博 氏/㈱富士通総研経済研究所主席研究員

[会場]  内田洋行 東京ユビキタス協創広場 CANVAS

[参加費] こちらをご覧下さい

[お申込] こちらをご覧下さい

[協賛] ㈱アイネス北日本コンピューターサービス㈱㈱BSNアイネット ㈱両備システムズ富士電機㈱
[特別協賛] ㈱内田洋行(会場提供)


講義内容

  
講義内容
10:00~11:45

千葉市における番号制度対応状況と自治体・ベンダーの役割と責務

千葉市 三木 浩平氏

  1. 千葉市における番号制度対応状況
    ①検討概要         ②計画・準備         ③情報連携システム構築
    ④番号取扱事務移行   ⑤給与支払事務対応   ⑥付番・宛吊番号利用整理
    ⑦独自利用事務検討   ⑧関連条例整備      ⑨主な留意点・課題
  2. 宛吊システムの改修とデータ・クレンジングの実施計画の検討
  3. 特定個人情報保護評価(PIA)の対象と実施方法の検討
  4. 平成26年度システム構築・改修の仕様と予算の検討
(以上の内容でお話いただく予定です)
<質疑応答>
11:50~13:00

自治体クラウドの促進と番号制度の導入    
―<電子自治体の取組みを加速するための10の指針>について(予定)

地方自治情報センター 伊駒 政弘氏

<質疑応答>
13:50~14:50

番号制度導入を見据えたクラウド化の推進~具体的な自治体の取組から~

東日本電信電話㈱ 西村 剛仁氏 

15:00~15:30

[問題提起]番号制度の導入準備とクラウド化の連携に向けて

行政情報研究所所長・電子自治体推進パートナーズ会長 諸橋 昭夫氏 

  1. 協賛企業の番号法対応製品の紹介
  2. 地方自治体の課題への支援策は?
  3. 番号法へ向けたシステム改修開発体制
  4. 番号法対応とビジネス
15:30~16:00

【電子自治体推進パートナーズ支援企業からのメッセージ】       
平成26年度の準備状況とクラウド化への対応(予定)

  

㈱アイネス担当者/川崎 浩司氏(㈱BSNアイネット)/㈱両備システムズ担当者 
藤沢 真人氏(北日本コンピューターサービス㈱)/富士電機㈱担当者/㈱/永井 孝幸氏(㈱内田洋行)   

16:00~17:00

【意見交換&質疑応答】番号法施行へ向けて、ベンダー支援策は?

  

進行:諸橋昭夫氏 
パネラー:西村剛仁氏(東日本電信電話㈱)/㈱アイネス/㈱BSNアイネット/㈱両備システムズ 
北日本コンピューターサービス㈱/富士電機㈱/㈱/㈱内田洋行  
コメンテーター:榎並利博氏(電子自治体推進パートナーズ副会長)

終了後 (17:30~)交流・交換会(講師・希望者/会費制/3,000円)

▲このページのトップへ