ホーム > 戦略セミナー > 第Ⅱ期[自治体クラウド&マイナンバー最前線]戦略セミナー > 第2回 「自治体クラウド最前線にみるマイナンバー導入対策」

【自治体クラウド&マイナンバー最前線】 第Ⅱ期[自治体クラウド&マイナンバー最前線]戦略セミナー (全9回/2012年度)

第2回(通算15回) 「自治体クラウド最前線にみるマイナンバー導入対策」

お申込みはこちら申込終了

戦略セミナー第2回(通算15回)は終了しました。たくさんのご来場ありがとうございました。

開催概要

[日時] 2012年9月28日(金) 12:30~17:00

[講師] 須藤  修 氏 (東京大学大学院情報学環・学際情報学府教授/
総務省 地方公共団体における番号制度の活用に関する研究会委員)

上岡 正人 氏 (Acrocityソリューションズ㈱代表取締役社長)

原田  智 氏 (京都府政策企画部情報技術専門監/前.総務部税務課長)

[会場]  内田洋行 東京ユビキタス協創広場 CANVAS

[参加費] こちらをご覧下さい

[お申込] こちらをご覧下さい

[協賛] ㈱アイネスGcomホールディングス㈱㈱両備システムズ
[特別協賛] ㈱内田洋行(会場提供)


開催結果

参加者数 : 31名 (自治体6団体、民間14団体等) ※メディア参加含む。



講義内容

講義内容
12:30~14:00

クラウド・マイナンバーと自治体

東京大学 須藤 修氏

  1. 社会保障と税の一体改革としてのマイナンバーの意義
  2. マイナンバー法案の動向
  3. マイナンバー導入と自治体クラウド
  4. クラウドの最前線と自治体・企業
<質疑応答>
14:10~15:25

大分県・宮崎県における自治体クラウド開発実証後の現状と
                            マイナンバー導入に向けて

Acrocityソリューションズ 上岡 正人氏

  1. 自治体クラウド開発実証後の本稼働の現状
    (1)データセンター、運用センター、ネットワーク等の稼働環境
    (2)業務の運用手順と外部アウトソーシング
    (3)機能要件に対する対応
    (4)運用コストの現状
    (5)その他
  2. マイナンバー制度への対応状況
<質疑応答>
15:30~17:00

[京都府・市町村]税務共同化におけるクラウド活用と
                          マイナンバー導入に向けた検討課題

京都府 原田  智氏

  1. 税務共同化におけるクラウド活用
    (1)クラウド活用の必要性
    (2)税務共同化クラウドの特徴
    (3)クラウド活用の成果
  2. マイナンバー導入に向けた課題
    (1)影響を受けるシステムの範囲
    (2)基本的な対応の考え方
    (3)今後対応するべき課題
<質疑応答>
終了後 (17:30~) 懇親・交流会 (希望者/会費制)

▲このページのトップへ