ホーム > 研修講座 > 第I期 自治体クラウド研修講座 > 第2回 「基幹系業務の一括アウトソーシングにおけるクラウド活用」

【電子自治体パイオニア研修講座】 第I期 自治体クラウド研修講座 (全10回/2011年)

第2回 「基幹系業務の一括アウトソーシングにおけるクラウド活用」

お申込みはこちら

第2回研修講座は終了しました。たくさんのご来場ありがとうございました。
メディア購入は、引き続き申込み受付中です。 こちらからお申込み下さい。

開催概要

[日時] 2011年5月27日(金) 12:50~17:30

[講師] 小幡 哲也 氏 ((財)岐阜県市町村行政情報センター事務局次長兼公共システム研究所所長)

金子  篤 氏 (㈱RKKコンピューターサービス公共情報事業本部企画営業本部長)

木村 公則 氏 (㈱アイネス営業統括本部副統括本部長)

諸橋 昭夫 氏 (電子自治体推進パートナーズ会長)

[会場] 内田洋行 東京ユビキタス協創広場 CANVAS

[参加費] こちらをご覧下さい

[お申込] こちらをご覧下さい

[協賛] ㈱アイネス㈱RKKコンピューターサービスGcomホールディングス㈱㈱両備システムズ㈱BSNアイネット
[特別協賛] ㈱内田洋行(会場提供)


開催結果

参加者数 : 60名 (自治体20団体、民間17団体等) ※メディア参加含む。



講義内容

講義内容
12:50~13:00

自治体の基幹系業務とクラウドとの関係

電子自治体推進パートナーズ会長 諸橋昭夫氏

13:00~14:30

市町村共同電算処理の仕組みと成果、今後の課題

(財)岐阜県市町村行政情報センター 小幡哲也氏

  1. 岐阜県市町村行政情報センターの概要
  2. 岐阜県市町村行政情報センターの役割と機能
  3. 岐阜県標準システムの自治体クラウドの取組み
<質疑応答>
14:40~16:00

クラウド技術を活用した基幹系業務の共同アウトソーシング
  ― 自治体クラウド対応総合行政システム

㈱RKKコンピューターサービス 金子篤氏

  1. 共同利用(アウトソーシング)から始まった自治体クラウドの流れ
  2. 共同利用とクラウドの違い (所有から利用への価値転換)
  3. サービス利用の概念と真のカセッタブル化
  4. クラウド時代における情報管理部門のガバナンスと業務主管課の役割の変化
  5. クラウドがもたらす自治体市場の流動性 (囲い込みからサービス選択へ)
[RKKコンピューターサービス:クラウドシステム紹介]
<質疑応答>
16:10~17:30

アウトソーシングの運用管理ノウハウを活用した基幹系業務のクラウドサービス
  ― Web型総合行政情報システム:WebRings

㈱アイネス 木村公則氏

  1. クラウドビジネスモデルの分類
  2. 自治体基盤系ITの特徴
  3. アウトソーシングとクラウドサービス
  4. クラウドサービスの利用モデル
[アイネス:クラウドシステム紹介]
<質疑応答>
終了後 (18:00~) 懇親・交流会 (希望者/会費制)

▲このページのトップへ