ホーム > 研修講座 > 第I期 自治体クラウド研修講座 > 第1回 「自治体の基幹系業務(住民情報・税務)におけるクラウド活用及び災害時危機管理への対応」

【電子自治体パイオニア研修講座】 第I期 自治体クラウド研修講座 (全10回/2011年)

第1回 「自治体の基幹系業務(住民情報・税務)におけるクラウド活用及び災害時危機管理への対応」

お申込みはこちら

第1回研修講座は終了しました。たくさんのご来場ありがとうございました。
メディア購入は、引き続き申込み受付中です。 こちらからお申込み下さい。

開催概要

[日時] 2011年4月26日(火) 11:00~17:30

[講師] 上岡 正人 氏 (行政システム九州㈱取締役・自治体クラウド推進部長)

原田  智 氏 (京都府総務部税務課長/
総務省自治体クラウド推進本部有識者懇談会メンバー)

吉田  稔 氏 (西宮市CIO補佐官兼西宮市情報センター長)

諸橋 昭夫 氏 (電子自治体推進パートナーズ会長)

[会場] 東京会場 内田洋行 東京ユビキタス協創広場 CANVAS

大阪会場 内田洋行 大阪ユビキタス協創広場 CANVAS東京会場での講演を同時中継し、同じ内容を聴講できます

[参加費] こちらをご覧下さい

[お申込] こちらをご覧下さい

[協賛] ㈱アイネス㈱RKKコンピューターサービスGcomホールディングス㈱㈱両備システムズ㈱BSNアイネット
[特別協賛] ㈱内田洋行(会場提供)


開催結果

参加者数 : 64名 (自治体24団体、民間24団体等) ※東京会場・大阪会場の合計。メディア参加含む。



講義内容

講義内容
11:00~11:50

クラウドコンピューティングと自治体業務の5分類

電子自治体推進パートナーズ会長 諸橋昭夫氏

  1. クラウドコンピューティングとは
    ①提供方法  ②利用形態
  2. 自治体業務の5分類とクラウドとの関係
    ①基幹系業務  ②内部系業務  ③情報系業務
    ④フロント系サービス  ⑤開発・テスト系、一時的業務系
<質疑応答>
12:50~14:10

住民情報システムにおけるクラウド活用 ―Acrocity住民情報システム

行政システム九州㈱ 上岡正人氏

  1. 大分県、宮崎県自治体クラウド開発実証事業報告
  2. 自治体クラウド本稼動に向けた状況報告
[Gcomホールディングス(行政システム九州):クラウドシステム紹介]
<質疑応答>
14:25~15:50

京都府・市町村税務共同化における自治体クラウドの活用

京都府 原田智氏

  1. 京都府及び市町村による共同化の経緯
  2. 税業務の共同化 ―徴収から課税の共同化へ
  3. 共同化における自治体クラウドの活用
  4. 今後における共同化及び自治体クラウドの展開
<質疑応答>
16:00~17:30

[緊急講演]危機管理と情報システム
  ―阪神・淡路大震災の経験をふまえたIT活用方策

西宮市 吉田稔氏

  1. 阪神・淡路大震災の教訓 ―災害と情報システム
  2. 災害時のIT活用 ―Webを活用した被災者支援システム
  3. 震災経験をふまえた災害時要援護者支援システム
  4. 自治体クラウドと危機管理への対応 ―官民の役割分担等
<質疑応答>
終了後 (18:00~) 懇親・交流会 (希望者/会費制/東京会場)

▲このページのトップへ